利便性向上から働き方改革まで

施設の課題を可視化!
IoTテクノロジーで未来を快適に。

施設の利便性向上とスタッフの負担軽減の両立は、多くの人が利用する施設空間ならではのテーマです。シブタニでは、長年培ってきたセキュリティのノウハウと他社に先駆けて開発に取り組んできたIoTテクノロジーを駆使し、お客様の課題解決をサポートします。

▲変なホテル東京 銀座
  • IoT × ホテル[フロント業務の負担軽減]
  • スマートフォンがルームキーに。
  • 発行機から発行された鍵を受け取れば、お客様のスマートフォンがそのままルームキーとして使用できるホテルロックシステム。フロントに常時スタッフを配置しなくても、利用者はチェックインや外出をスムーズに行えます。また、「鍵を紛失して再発行」といった手間もなくなり、フロント業務の省力化に貢献します。
    ※ゲストカード(MIFARE)でも操作可能です。

メリット

カードキー紛失の心配や外出時のフロント保管の煩わしさがない。
カードキー紛失の心配や外出時の
  フロント保管の煩わしさがない。

滞在中は宿泊者自身のスマートフォンで入室できるので、都度フロントにキーを預ける必要はありません。
チェックアウト後は鍵情報のみ消去されます。

滞在中はスマホがルームキーに。 チェックアウト後は鍵情報が自動消去。

同伴者との鍵の受け渡しの面倒がない。

宿泊者のスマートフォンから「合鍵」の作成が可能。入室時間の異なる同伴者がいても、
フロント対応する手間が減ります。 ※発行には上限があります。

ルームキー発行から解錠までの手順
  • (1)フロントの発行機にてチェックイン・宿泊料精算。発行機に表示されたQRコードを専用アプリで読み取ります。
  • (2)ルームキーがアプリ内にダウンロードされたら、部屋の前でルームキーをタップして解錠します。

※発行機は別途費用が必要となります。

▼ 詳しく見る
▲JR京橋駅
  • IoT × トイレ[順番待ちのストレスを緩和]
  • トイレの満空状況を可視化。
  • トイレの施錠・解錠信号を発信できるトイレロック「スイッチストライクエアー」で利用状況を可視化できます。トイレの混雑具合をリアルタイムで表示できるため、他のトイレへの移動を促すなど混雑緩和に役立ちます。また、電源や配線工事が不要なので、後付けでの設置も簡単です。

スイッチストライクエアー

スイッチストライクエアー

電池不要

配線不要

電源を必要としない無線通信技術を
組み込んだストライクです。
ラッチのスライド操作で発電した電力で
施解錠信号を発信することができます。

施錠、解錠時に発電し発信し、満空表示看板と連携します。

発信された情報は満空表示サインに表示されます。

メリット

トイレの待ち時間をゼロに

トイレ前に設置した満空表示サインにて、
個別ブースの利用状況を表示できます。

PCやスマートフォンで状況確認

PCやスマートフォンで、離れた場所からでもトイレの利用状況を把握できます。これにより、利用者は最短の導線で空きブースに辿りつくことができ、施設の利便性向上につなげることができます。

トイレの使用頻度を管理

個別ブースの開閉回数や利用時間のデータを蓄積・分析することで、清掃やトイレットペーパーなどの補充を最適なタイミングで行えるようになり、スタッフの負担軽減につながります。

非常時の発信

施錠時間を管理し、トイレの利用時間をリアルタイムに把握。体調不良などの異常事態を素早く検知し、迅速な対応を可能にします。

システム運用例

※それぞれご要望に合わせたシステム運用をご提案致します。
 ご要望によりサーバーのランニング費用やアプリ開発費用が別途必要となります。詳細はお問い合わせください。

▼ 詳しく見る
  • IoT × 飲食店[利用者のストレス軽減と施設の利便性向上]
  • IoT × 飲食店[利用者のストレス軽減と利便性向上]
  • フードコートの座席利用をスマートに。
  • フードコートの利用状況を表示できる、商業施設向け可視化システムです。利用者が専用の予約プレートをテーブルの端末に挿すことで、座席の利用状況がサイネージやスマートフォンに表示されます。広い店内を見回ることなく空席を見つけられるので、利用者のストレスを格段に軽減できます。テーブル端末は無線通信できるため、電源や配線工事が不要で後付けでの設置も簡単です。
予約プレート・端末について

電源を必要としない無線通信技術を組み込んだスイッチセンサです。
プレートの抜き差し操作で発電した電力で利用情報を発信することができます。

電池不要

配線不要

簡単設置

未使用 使用中

発信された情報はサイネージやスマートフォンに表示されます。

利用イメージ

運用イメージ

電池不要

配線不要

簡単設置

1. 予約中プレートを取り、空席を探す。

2. サイネージやスマートフォンで空席の場所を確認。

※テーブルの利用状況や、おおよその待ち時間を確認できます。
 (待ち時間は他システムとの連携が必要です)

3. プレートをテーブルの端末に挿し、席を確保する。
 確保された席の情報はサイネージやスマートフォンの利用状況画面に反映されます。

メリット

座席の利用状況を可視化することで、利用者が歩き回って席を探す手間が軽減します。
清掃のタイミングを適切に取ることができ、スタッフの負荷軽減につながります。
無線通信技術を端末に組み込んでいるため配線不要で、今お使いのテーブルにも
簡単に設置できます。
利用者はサイネージやスマートフォンで利用状況を遠隔確認できるため、
混雑時を避けてフードコートを利用するなど、施設滞在時間を有効活用できます。
テーブルの利用頻度や滞在時間のデータを分析することで、座席数の増減や配置変更
などより効率的なフードコートの運用に役立ちます。

▼ 詳しく見る
  • IoT × オフィスビル[働き方改革の推進]
  • IoT × オフィスビル[働き方改革の推進]
  • 打ち合わせスペースの利用状況を可視化。
  • 会議室やパーテーションで区切られた打ち合わせスペース等の使用状況を表示できる、オフィスビル向け可視化システムです。打ち合せテーブルの端末に専用のプレートを差すことで、座席の利用状況がパソコンやスマートフォンに表示されます。
  • ※システムは開発中のため、仕様や形状は変更することがございます。

電池不要

配線不要

簡単設置

メリット

打ち合わせスペースの利用状況を遠隔で確認できるため、直接確認する手間が省け、オフィスの利便性向上に繋がります。
利用状況のデータを分析することで、打ち合わせスペースのレイアウト計画などに役立ちます。
電池交換不要で、プレートを端末に挿す行為を発電に代え、発電した電力で使用中の情報を発信します。
電源不要で、既設のテーブルへの設置が可能なため導入コストを軽減できます。
配線不要で、簡単に設置できます。

未使用 使用中

もっと便利に!

使用開始5分前に遠隔から仮予約を行い、5分以内にプレートを本体に差すと本予約となる、「5分前仮予約」も可能です。
仮予約の状況もパソコンやスマートフォンで確認できるため、ブッキングを防止できます。

運用イメージ

  1. パソコンやスマートフォンから、打ち合わせテーブルが使用可能かどうかを確認。
    (使用可能なら5分間の仮予約が可能)
  2. プレートは、打ち合わせスペース内のカードボックスやウォールポケット等に設置想定。
  3. プレートを端末に挿し、使用したいテーブルを確保。
    (仮予約を行った場合は5分以内に本体に挿すことで、予約が完了する。)

  4. 打ち合わせ中はプレートを挿したままとし、打ち合わせが終わると端末から外す。

専用プレート

●社員番号や管理番号を自由に
 表記できるよう空欄を設けています。
 またこの空欄サイズの専用シールも
 オプション品として販売予定です。

●社員番号や管理番号を自由に表記できるよう空欄を設けています。
 またこの空欄サイズの専用シールもオプション品として販売予定です。

▼ 詳しく見る